無呼吸症候群や性病を病院で治す~絶対クリーンクリニック~

医者

性病を乗り越える

現在の取り組みについて

doctor

エイズ(HIV)は後天性免疫不全症候群とも呼ばれています。エイズという名前を知っていても感染してしまうと実際にどのような症状がでるのか知らない人も多いでしょう。感染すると免疫力が低下してしまうため様々な病気にかかりやすくなります。エイズは性行為や輸血によって感染してしまう事もあるため、自分だけでなく周囲に感染させないためにも検査が必要となってきます。現在の取り組みについてですが、多くの病院やクリニックでエイズ検査を導入していたり、保健所でも検査する事ができます。また直接病院などに行って検査を受けるのは抵抗があるという場合でも、最近では検査キットを郵送して検査してもらい、インターネットで結果を確認できる方法もあります。

今度の動向について考える

エイズは検査する事によって安全に性行為を行う事ができるようになったり、また昔よりも医療も進化しているため感染してしまっても症状を少しでも抑える事ができるようになっています。そのためにはまずは検査を受ける事が大切になってきますが、自分で病院やクリニックなどに足を運ぶのは怖かったり抵抗がある人もまだ多いようです。今後の動向についてですが、郵送での検査キットが手軽に購入できるようになったり、また会社や学校などの健康診断でも検査が義務づけられていくのではないかと考えられます。感染しているかどうかを知ることによって自分だけなく、パートナーやこの先子供を授かった場合、安全と健康を守ることができるようになります。